長持ちさせるには?機械式時計のメンテナンス

長持ちさせるには?機械式時計のメンテナンス

日常的にできるメンテナンスは

時刻を素早く把握するためには、腕時計はとても便利なツールですよね。そんな腕時計の中でも昔ながらの流れをくむ本格的な機械式時計は人気のあるタイプのものです。しかし、現在の主流のものとは取り扱い方法が異なるため、こうした機械式時計を美しく使い続けるためにはどうしたらよいのか、悩んでいる方も多いでしょう。そんな方にはいくつかのコツを覚えておくことをオススメします。まずは自分でできるメンテナンス方法を覚えましょう。

自分で行うメンテナンスとは

腕時計は身に付けるもののため、汚れが付着しやすい傾向にあります。こうした汚れが長期間本体や盤面に残ってしまうと、素材の痛みに繋がってしまうため、注意が必要です。そうした事態を回避するために、使用し終わった後にはウェスで汚れを拭き取ることを忘れずに行うことをオススメします。この際に使うウェスは傷のつきにくい、メガネ拭きのような目の細かなものを選ぶのがコツです。ベルトの部分が金属の場合は特に入念に拭きとっておくと良いでしょう。

本格的なメンテナンスが必要なら

機械式時計は長く使っていると、時間がずれてしまうことがあります。時刻調整で直らない部品の消耗が問題の場合には、本格的なオーバーホールが必要です。このメンテナンスは繊細な作業と特殊な工具が求められるため、専門業者に依頼するのが賢明な判断です。専門業者ならばプロフェッショナルならではの技術で素早くオーバーホールを行ってくれます。機械式時計を長持ちさせたいのならば、こうしたメンテナンスを心掛けておくと、きっと綺麗なまま気持ちよく使い続けることができるでしょう。

ウブロとは、スイス製の高級腕時計のことで、主に男性物の腕時計を中心に販売していて無骨でシンプルなデザインが特徴です。