品種ごとに違う!?ペット用うさぎの性格あれこれ

品種ごとに違う!?ペット用うさぎの性格あれこれ

うさぎは品種ごとに性格が違う

ペット用のうさぎは穏やかな性格の個体を交配させて生まれてきたものばかりなので、基本的には人間と共生しやすいといえます。それに加えて、うさぎの品種によってもそれぞれ少しずつ性格が違ってくるのですよ。代表的なペット用うさぎの性格について紹介するので、選ぶときの参考にしてみてください。ただし、当然ながら個体ごとに微妙に性格は異なります。あくまでも「品種ごとの性格の傾向」として、参考程度に考えておきましょう。

それぞれの品種に特徴的な性格

ミニウサギは穏やかな性格の個体が多く、比較的人間に慣れやすい品種です。ペット用のうさぎの中でも最も初心者向けだといえますよ。ネザーランドドワーフは、うさぎの中でも好奇心が強く、活発な性格の品種です。自分のペースで行動したいところがあるため、人間に慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。ホーランドロップは、耳が垂れているのが特徴です。性格は基本的におとなしめで、比較的飼いやすい品種だといえるでしょう。

なるべく複数飼いは避ける

全ての品種のうさぎに共通していえる特徴は、うさぎは非常に縄張り意識が強い動物だということです。うさぎはそこら中に自分の匂いをすりつけて、自分の縄張りを主張します。うさぎを複数飼いすると、うさぎ同士の縄張り争いになってしまうことも珍しくありません。うさぎにとって縄張り争いは大きなストレスになります。大事なうさぎがストレスにさらされるのは避けたいですよね。なので、うさぎはなるべく一匹だけで飼うようにしましょう。

ペットショップなら東京で好きな動物を選びましょう。犬猫から小動物までさまざまな動物に直接ふれることができます。